大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

℡0120-385-704ミヤコ ナース

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

アフターバーン効果

皆さんこんにちは。
現在世界中を巻き込んでの新型コロナ真っ最中であります。
皆さんはどのように毎日お過ごしでしょうか?
外出を避け家の中ばかりにいるとどうしても運動不足になりがちで、自分の受け持ちのご利用者様が折角運動習慣がついたのに、こうしたことをきっかけにまた運動不足生活に逆戻り…なんてことがあったらどうしよう…などと危惧しておるところです。
さてそんななか冬場に体重が増量してこれから夏に向かって薄着になる…そんなときに減量というか実体験に基づいたちょっとした身体のメカニズムについて書いていきたいと思います。
皆さんは今回のタイトルにもある『アフターバーン効果』っているのはご存知ですか?
これは、運動後24~72時間にわたって脂肪を燃焼し続ける効果のことを言います。
よく記憶にありませんか?昨日はよく運動した~っていう日に、やたら空腹になる日。
これは、激しい運動の翌日におこる通常よりエネルギー消費量の多い時間なんだと思われます。
私なんかは、頻繁にサイクリングに出かけるのですが、特に自転車の場合消費カロリーが非常に高いので3~4000kcal消費してきた!なんてざらなんですが、当日よりも翌日からの空腹さが半端なくすごいです。とにかく食べ続けます(日常的にでもですが)。これは、消費したカロリーの問題もありますが、無酸素運動によるアフターバーン効果もあるともいます。いくら自転車が有酸素運動であるといっても場面によってはきついところがあったりして無酸素域の運動レベルになることもよくあります。そして自転車仲間の間ではサイクリングの翌日からが痩せ始めるといった話も聞いたことがあります。
まあ、食べすぎには注意ですが、運動によって痩せる方法にもいろいろあるだと思うと人間のメカニズムは非常に奥が深いと思いました。

ページのトップへ戻る