大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

資質

皆さんこんにちは、いかがおすごしですか?

緊急事態宣言解除に伴い休業要請も大幅解除となります。
あくまでも3密回避が比較的可能な業種は解除となる印象です。

話は違いますが、一昨日夏の甲子園も中止が決まりました。
様々な意見がでて関係者の皆さんも苦渋の選択だったと思いますが、最終的には中止という結論に至ったようです。この甲子園については『屋外』『密集回避』『密着回避』と、3密を回避することは可能なレベルです(但し無観客が好ましいと思います)。そして屋外という性質上紫外線を燦燦と浴びることにより新型コロナウイルスの苦手とする紫外線を味方につけることができます。
これらのことから『野球の試合をする』という環境的にはまあ問題ないか…と思うところなのですが、ただ甲子園でとなると野球の試合だけでなく長距離移動や宿、人員、けが人が出たときの医療体制…様々な事業で中止という結論に至ったようです。
しかし昨日の大阪吉村知事の休業要請解除の会見の一コマでなんとか『開催させてあげたい!』と発言されててそのあとに『リスクを承知で!』と仰っていました。この『リスクを承知で!』という発言に私は心打たれてしまいました。なぜかというと昨今『リスクを承知で!』と発言できる政治家がいたでしょうか?残念ながら私の記憶ではいません。政治家に限らず周囲にはリスク覚悟で行動できる人ってホントいません。リスク覚悟といっても何も考えずにという意味ではありません。

人の生き方を左右するような重大なことをその思いでなんとしてでも叶えてあげたい!

そう発言できる人はそこに意気込みだったり覚悟が見えてきます。
そしてそういうことをもってしてはじめて指導者として人を納得させられるのではないしょうか?
この度のコロナ騒動で各政治家の皆さんの政治家としての資質が露呈しましたね。各々皆さん立場が違うのでなんともですが、少なくとも政治家なのか政治屋なのか…?この判断はつく行動・発言でした。これまで国の施策とかって若くなればなるほどその関心が薄れていく傾向でしたが、今般のコロナについては全国民大注目の話題でしたので広く国民に政治家一人一人の資質が知れ渡る機会となり良かったのではないかと思います。
これをきっかけに少しでも選挙に行く人が増えいい指導者がこの国を動かし国民一人一人が幸せになれればいいと思いました。

ページのトップへ戻る