大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

℡0120-385-704ミヤコ ナース

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

世界で最も犬を飼っている国はアルゼンチン「グローバルのペット飼育率調査」

マーケティング・リサーチの専門会社GfKジャパンは、22の国と地域の27,000人に対し実施したペットの飼育率についての調査結果を発表した。
調査の結果、グローバルでは過半数を超える56%の人が何らかのペットを飼っていて、最も多く飼われているのは犬が33%、次いで猫が23%、魚が12%、鳥が6%と続いた。
ペットの飼育率が最も高かったのは中南米のアルゼンチン、メキシコで80%、ブラジルでは75%、続いてロシアが73%、アメリカが70%という順に。一方、ペットの飼育率が最も低かったのはアジアの3カ国で、韓国が31%、香港が35%、日本は下から3番目の37%だった。
一番多く犬を飼っている国は、アルゼンチンで66%、2位はメキシコの64%。猫を飼っている割合が最も高かった国はロシアで57%、次いでフランスの41%。魚は中国が17%で、鳥はトルコが20%でトップだった。
日本の調査結果では、最も多くの人が飼っているペットは犬で17%、次いで猫が14%、魚が9%、鳥は2%という順になった。
調査国は、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、チェコ共和国、フランス、ドイツ、香港、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ポーランド、ロシア、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリス、アメリカ合衆国。調査対象は、15歳以上の消費者27,000人。

ページのトップへ戻る