大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

℡0120-385-704ミヤコ ナース

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

犬種別の平均寿命を調査。

■犬の平均寿命は13.7 歳
犬の寿命は、体が大きいほど平均寿命が短く、小型になるほど長くなる傾向があると言われていますが、昨年、我々が東京大学と共同研究で行った調査では、体重5-10Kg の小型群が14.2 歳と最も長い寿命を示し、5Kg 以下の超小型群の13.8 歳を上回ることがわかりました。
また、小型群と超大型群の間には、3歳程度の差があることもわかりました。
■犬種別平均寿命 1位は「イタリアン・グレーハウンド」15.1 歳
そこで、今回犬種別に調査を行ったところ、小型犬の「イタリアン・グレーハウンド」が15.1 歳と最も長い寿命を示しました。2位は、人気犬種でおなじみの「ミニチュア・ダックスフンド」「トイ・プードル」が14.7 歳という結果でした。以下、柴犬(14.5 歳)、パピヨン(14.4 歳)と続いています。
■死亡原因は「腫瘍」が13.4%で最多
犬の死亡原因で最も多いのは「腫瘍(13.4%)」で、 「循環器系の疾患(11.1%)」が続く結果となりました。
犬種別にみると、「腫瘍」が最も多い死因となる犬種は「ミニチュア・ダックスフンド」「ゴールデン・レトリーバー」 「ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ」などであり、「循環器疾患」が最も多い死因となるのは「チワワ」「シー・ズー」「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」など、犬種によって死因も異なることがわかりました。

ページのトップへ戻る