大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

℡0120-385-704ミヤコ ナース

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

空を見上げれば

  • カテゴリ:写真

筆者の自宅上空は、大阪空港(ITM)への着陸コースで、現在は、国内線が就航してますが、関西空港(KIX)ができるまでは、欧米・アジア・東南アジア・オセアニア線等々いろんなマークの航空会社が、飛び交っていました。また、飛行機の種類も変わり、ジェットエンジンも静でクリーンになりました。エンジンの数も4発.3発・双発等色々あり、音で機種が判るほど特徴がありました。

今では、ほぼ双発(2発)となってしまいました。今から二十数年前、東京~大阪間は、新幹線はのぞみ号が走り、のぞみ料金も高く年末年始やお盆休みは、チケットによっては飛行機の方が安価であったので、ほぼ飛行機の移動でした。

当時幹線は、4発エンジンのボーイング747-400D(国内線用・俗に言うジャンボジェット)が主流で、筆者はアッパーデッキ(2階のエコノミークラス)によく搭乗してました。

その雄姿も、日本のメガキャリアから姿を消しました。

JALボーング747-400DディズニーシーJAL50th キャンペーン塗装(HND)

JALボーング747-300リゾッチャ(GUM)

今では、ボーイング737・767・777・787、エアバスA320・350等双発で燃費の良い機種が主流で、大きい小さいは、あるものの同じような形で、トライスター(L-1011)・DC-10・DC-8・CV880・B707・727等を知る世代としてえは、少し退屈な感じです。

来年5月より全日本空輸(ANA)さんが、2階総客室の エアバスA380を成田~ハワイ線で就航との事で、日本の航空会社では、ひさびさの4発ジェットで初のお目見えです。

大阪では、なかなかお目にかかれませんが・・・(タイ航空ぐらい?)。

大阪万博の時は、A380の発着が増え(エールフランス・ルフトハンザ)が見れるとありがたいですね。 夢になるでしょうが。

今の主流型(双発) JASボーイング777-200(ITM)

古い写真で申し訳ないです。

 

ページのトップへ戻る