大阪市内中心ペットシッター・ペットホテルの都島ナースペットケアセンターです。旅行中のペットのお世話、お留守番、ペット介護等お任せください!

℡0120-385-704ミヤコ ナース

大阪市内中心 ペットシッター・ペットホテル、大阪市都島区の都島ナースペットケアセンターです。

秋は出会いと別れの季節

  • カテゴリ:写真

朝晩がめっきり秋らしく、涼しくなってきた今日この頃ですが、個人的には開放的で暑い夏が終わり、涼しくなるのはもちろんありがたいのですが、どこか哀愁の感じる時期でもあります。

そんな秋にも出会いもあれば別れもあり、私が言うのはプロ野球の話でありまして、この時期になると新聞の見出し、ネットニュースには「○○○○選手引退!」や「○○○○現役生活に幕」等の

記事を良く見掛けます。

盛大に引退試合、引退セレモニーをしてもらえる選手もいれば、ひっそりとユニフォームを脱ぐ選手もたくさんいます。

その中でやはり今年は阪神タイガースのレジェンド、鳥谷選手の去就がすごく気になっています。

鳥谷選手自身現役生活に強くこだわりを持っているとの事で自身の口から「タイガースのユニフォームを着て野球をするのは今年で最後」と話されていました。

やはり一時代を築いた選手の去り際と言うのはどこか寂しさを感じます。

一番は鳥谷選手が現役生活をどうしたいかと言う事に尽きるのですが、ファンの中には「このまま、タイガースのユニフォームで引退して欲しい」と思う方も多数おられるでしょう。

ここ数年の起用方法、世代交代を図るチーム事情(その割に若手が育ってない!!)等諸事情があって、ご本人もこのまま引退するのはおそらく不完全燃焼なんではないでしょうか。

「甲子園のショートストップには背番号1が似合う」あの華麗な守備、広角に打ち分けるバッティング、何より選球眼(ストライク、ボールを見極める)の良さは超プロ級です。

タイガースファン以外の方にも、記憶に残るシーンがあると思います。

2013年のWBC台湾戦2-3で負けていた9回表2アウト。絶体絶命の場面で四球で塁に出た鳥谷選手は

次打者、井端選手の初球に盗塁します。ギリギリのタイミングでセーフ。このシーン!!!!!もう日本全国の野球ファンに夢、希望を抱かせたこのシーン!!

そして、井端選手のセンター前ヒット(この打席、追い込まれた場面でセンター前に打てる井端選手も天才!!)で2塁より生還。延長の末劇的勝利したというあの試合。

結果、鳥谷選手の盗塁が無ければどうなっていた事か。ランナー1塁のままで、あのヒットでは還ってこれなかったでしょう。

あの場面、もしアウトになったら…等絶対脳裏を過ぎったと思うのですがそれでもスタートを切れる勇気!!!あれは本当にすごい!!!

僕は特に印象に残っているのはその井端選手のヒットで生還した時の鳥谷選手の喜び方。

クールなはずの鳥谷選手がタイガースではまず見たことない様な感情むき出しの雄叫び。

何より身体が丈夫で1939試合連続出場の素晴らしい記録を誇ります。時に顔にデッドボールを受け次の日の試合、骨折をしたまま出場した事もありました。

そんな鳥谷選手の今後、ぜひ本人が納得いく形で、完全燃焼してユニフォームを脱げる様に、そしていつの日かまた縦縞のユニフォームに袖を通すことを切に願っています。

あと一人!今年引退の選手ですごく残念なのが同じ阪神タイガースの横田慎太郎選手。

横田選手は期待の大型新人として入団し、そのポテンシャルに大いに期待され、徐々に才能の片鱗を見せ始めた2017年の春季キャンプ中に原因不明の頭痛に襲われます。結果脳腫瘍との診断。

壮絶な闘病生活を経て「寛解」と診断をされリハビリを経て練習を続けていましたが、「自分で打った打球が全く見えない」「(打撃練習で)ピッチャーに投げてもらった球が二重に見える」

等の後遺症に悩まされ、この旅現役引退を表明されました。

まだ24歳です。野球人としても、人としても「さぁこれから!」と言う時の突然の病。病には打ち克ったが体と同じくらい大事な視力に支障が出てしまいました。

しかし、野球のプレーはもちろん、闘病生活においても、たくさんの人に勇気、希望を与えたのも事実です。

影ながらまた甲子園で横田選手の雄姿を見れる日を楽しみにしました。いつの日かどんな形でも野球に携わり、元気そうな「横田さん」を見れる日を楽しみにしています。

ここに書いた二人以外にも今年もたくさんの選手が現役を引退しています。(サンキューランディ!!)

私達を楽しませ、魅了し、感動をくれたプロ野球選手のみなさんに敬意を持ってお疲れさまでした!!と言いたいですね。

そうと思えば来月にはドラフト会議があり、また新たなプロ野球選手が誕生します。

あの甲子園のヒーローはどこへ行くのか、あの剛腕投手はどうするのか。ひょっとしたら自分も………!

今年は10月17日(木)運命のドラフト会議が開催されます。

今年もスーツを着て、いつ取材が来てもいい様にテレビの前で待っておきたいと思います。

ちなみに私は12球団どこでもOK、育成でもOKです。各球団のスカウトのみなさん、よろしくお願い致します。

ページのトップへ戻る